VIO脱毛が流行ってきて、「今年こそ自分もやりたい!」と思ってもデリケートゾーンだし…とちょっと迷っている人も多いようです。自宅でセルフ脱毛もおススメですが、どうせならプロのエステティシャンに全てお任せしてしまうという手もありますよ!

デリケートゾーンの脱毛は自宅とエステどちらが良い?

自宅で行うセルフ脱毛のメリットは何といっても「自宅で自分の好きな時に脱毛できる!」ことではないでしょうか。加えて、デリケートゾーンを人に見られることに抵抗のある人は「自分でどんな場所も脱毛できる!」というところでしょう。

一方、サロンなどで脱毛を受けるメリットは「プロならではの仕上がり」と「アフターケアーを含め、エステティシャンに全てお任せできる」というところだと思います。

デリケートゾーンの脱毛の良い事、悪い事は?男性の意見は?

脱毛して良い事は整理のムレ、臭いが減る

デリケートゾーンを脱毛することで、圧倒的にムレが減り臭いが軽減します。特に女性の場合、生理中はただでさえナプキンでムレが酷くなりますが、脱毛のお蔭でこの悩みから解放されます!また毛が無くなるので、「生理の血が毛について絡む」などの嫌な悩みがなくなります。

また多くの海外セレブや芸能人も、今では普通にVIO脱毛やハイジニーナ脱毛をしているとカミングアウト済の人も多いので、男性からの目も厳しくありません!むしろ、「美意識が高い」や「見た目がすっきりしてて清潔」のように肯定的に見られています。

デメリットは生理痛が酷くなる可能性がある

それでもメリットばかりではありません。人によっては脱毛(全剃り)したことで、「生理中、血が横漏れしやすくなった」やナプキンが直接肌にあたるため「かぶれやすくなった」・「生理痛が酷くなった」という意見も。また男性の中には女性のVIO脱毛自体にやはり保守的?な意見もあり、「遊んでそう」や「不自然」という否定的な見方をする人もいます。

脱毛する方法は?

自分で処理する

最も簡単な方法です。ですが、トラブルが多いのもこの「自宅でのVIO脱毛」であることも覚えておきましょう。また自宅でVIO脱毛なら、「ワックス脱毛」や「家庭用脱毛器」が断然おススメです!

中でも、家庭用脱毛器なら「ケノン」をおススメしたいと思います!口コミからの評判も高く、VIO脱毛にも定評があります。デリケートゾーン以外にも全身に使用できる点も良いと思います。

エステでプロに処理してもらう

いっその事、初めからプロのエステティシャンにお任せしてしまう、という手もアリです!最近では1,000円以下のキャンペーンにVラインが含まれているものもあり、サロンでは金銭的にも安価で施術してもらうことができます。

サロンなどの光脱毛では大体1~2年で完了ですが、これがクリニックのレーザー脱毛だと約半分の通院で終了します。お店に通う回数やまとめて全身脱毛コースなどを考えると、医療脱毛の方がお得になる場合もありますので、そのような面からも比較してみましょう。

自宅で処理する場合のメリットとデメリットは?

メリットは何時でも脱毛可能

いつでも自分の都合で脱毛できます。

誰にも見られず済むのもメリット

同性のエステティシャンといっても、デリケートゾーンを見られることに抵抗がある方はセルフ脱毛が良いのかも。

デメリットは肌の悪影響

誰もが経験済みかと思いますが、シンプルなカミソリや毛抜きでの脱毛はおススメしません。繰り返すうちに埋没毛や色素沈着を起こし、傷や黒ずみの原因にもなります。また肌が大変敏感な部分でもあるため、クリームでかぶれてしまったという話もよく聞きます。

プロに任せた場合のメリットとデメリットは?

肌トラブルが少ないのがメリット

意外に見落としがちですが、脱毛は施術後のアフターケアーが重要です!その点、横になるだけでプロに全てお任せできるのは楽ですよね。

デメリットは痛みが伴う

耐えられない程ではありませんが、光を照射した瞬間、パチっと痛みを感じてしまう人もいます。また施術前にはある程度アンダーヘアーをカットしておかないと、奥まで光が届きませんので、どうしてもトリムやカミソリでの剃毛が必要です。それにより、施術まで一時期ですが痒みが出ることもあります。

デメリットはやりたいと思った時にできない

サロンやクリニックでの脱毛はよく言われる通り「毛周期」に沿って施術され、計画的に進められます。効果的に脱毛効果を得るためですが、自宅脱毛に比べ「急に思い立ったら」という訳にもいきません。

全国チェーン展開している大手脱毛サロン「ミュゼ」ですが、一度くらいは雑誌やTVなどで聞いたことがあるのではないでしょうか?キャンペーンやコースなどからも大変人気のサロンです。ですが、人気故に予約が取り辛いという時期もあります。脱毛は夏場、肌の露出が増える季節になって思いつく方が多いようです。が、実は紫外線の少なく、肌を露出するシーンの少ない秋・冬場からスタートする方がおススメです。

自分にあうのはどれかを見分けましょう

今回は特にVIO脱毛の面から検討してみましたが、将来的に他のパーツも脱毛したい!という気持ちがあるなら、一見高額にもみえるサロンやクリニックでの全身脱毛も検討する余地があると思います。それ以前に「サロン通いが面倒臭い」や「人に見られるのがイヤ!」という思いなら家庭用脱毛器をおススメしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です